So-net無料ブログ作成

Sony α57で撮影 最近はオートブラケットにこだわっています [情報]

最近、人物のポートレイトやスナップショットを撮ることが多く、失敗したくないため、プログラムAEモードにして、補正なしと±0.3EVの3枚連続撮影するオートブラケットを使います。逆光補正などうまくできなかった時に有効です。3枚のうち1枚は必ず明るさの調整がうまく行った撮影ができます。枚数は相当いきますが。まあ、SDカードは今、価格が暴落していますので安いものです。先日16GBのCLASS10を900円で買いました。これで撮影したら、JPEGならおそらく5000枚くらい撮影可能で、その前におそらくバッテリー切れになります。




nice!(0)  コメント(0) 

Sony α57のその後4 別の結婚式の撮影 [情報]

α57のダブルズームセットの2回目の実践、別の結婚式です。これもやはりメインカメラマンではありませんが、バックアップで撮影しました。教会での結婚式はプログラムAEでオートブラッケット撮影で保険をかけて試し撮り、何か色がおかしい。黄色っぽいのです。前回の撮影から設定変えていないのに。「あっ!」。前回の結婚式は太陽光がさんさんと入る大きな窓が背景でしたが、今回の教会は室内でしかも、太陽光でなく蛍光灯の光。「ホワイトバランスだ!」と心のなかで叫び、すぐに設定を変えました。昼白色に変更したら自然な白い色になりました。ひや汗。新郎・新婦の入場には間に合いました。今回は約2000枚撮影しました。内蔵ストロボは近接撮影で逆光時に使い、前回の反省が生かせました。撮影はオール室内ということもあり、ISO感度を上げることで対応したので、高感度時でかつ照明が暗いノ時はイズが目立ちました。まあ、今の手持ちの機械の限界かなと思います。ISO3200が実用では限界ですね。6400まで上げると画面がざらつきすぎて実用になりませんでした。




タグ:SONY α57
nice!(0)  コメント(0) 

Sony α57のその後3 結婚式の撮影 [情報]

α57のダブルズームセットの初めての実践を先日経験しました。結婚式です。メインカメラマンではありませんが、バックアップで撮影しました。教会での結婚式は逆光補正、一発勝負の場面ではプログラムAEでオートブラッケット撮影で保険をかけて、ダブルズームは頻繁に交換し、なんと800枚撮影しましたが、使えるのは1/3くらいです。しかし、いろいろと勉強になりました。α57の顔認識能力は比較的高く、背景にピントがあってしまうという失態は少なかったです。しかし、反省すべきは内蔵ストロボをうまく使えなかったこと。ISO感度を上げることで対応したので、高感度時はノイズが目立ちました。今後の反省点です。





nice!(0)  コメント(0) 

Sony α57のその後2 [情報]

α57のダブルズームセットの現品処分品のその後ですが、修理後は順調です。あの、標準で設定されているビューファインダーはいただけないので、設定を変えました。標準では、撮影後撮影した画像を3秒くらい再生してくれるのですが、ファインダー内の液晶でもそれをやられてしまうので、ファインダーを覗いているとき、今何が見えているか、3秒間わからなくなるという光学式ではありえない、悪しき機能です。でもOFFにできますから、ご安心を。




nice!(1)  コメント(0) 

Sony α57のその後 [情報]

α57のダブルズームセットの現品処分品のその後ですが、フィルター径が2本のズームとも55mmとわかりましたので、さっそくアマゾンでkenkoのMCプロテクターを購入し、ほこりを除去しながらなんとかフィルター装着しました。さっそく、撮影。ファインダーの表示を撮影後再生OFFにしたら、普通の光学ビューファインダーより若干解像度が悪い程度で気になりませんでした。しかし、残念なことが一つ発生しました。
なんと、バリアングルモニター液晶に付いた手油汚れをカメラクリーニング用の布で拭いていたら、液晶の一部点から見る見るコーティングがはがれました。最初は油かと思って、こすったらさらにその範囲が広がったので、これは油ではなくコーティングのはがれだと気が付きました。早速、翌日購入した電気店へ持ち込むと「Sonyさんの液晶はよくあるんですよねー。これ。」買う時言えよ。と心の中で思いました。結局無償修理で2週間のおさらば。もう、こんなことはこりごりと、α57用の液晶保護フィルムを購入しました。こんなところにも、「ソニータイマー」があったとは。がっかり。
nice!(1)  コメント(0) 

デジタル一眼レフカメラ Canon(キャノン)EOS Kiss X50 生産中止 [情報]

Canon(キャノン)EOS Kiss X50 が生産中止されたそうです(下記)。
X50生産中止.jpg
参考URL:http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx50/

厳密に言うとキャノンのHPによれば、ダブルズームキットを販売終了し、18-55mmズームキットのみ生産継続、ボディ単体は受注生産に移行するというものです。しかし、ヤマダ電機(名古屋 野並店)の店員の認識としては「生産中止で、X50に関しては一切入荷予定無く、あとは展示品を現品処分するだけだそうです。

ショックです。比較対象が1機種減りました。X5とD3200の一騎打ちになりました。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。