So-net無料ブログ作成
ラインナップ ブログトップ

デジタル一眼レフカメラ SONY(ソニー) デジタル一眼レフの研究 [ラインナップ]

ソニーは当初、デジタル一眼レフを独自開発していましたが、2006年4月にコニカミノルタをソニーが吸収する形でフィルムAF一眼レフの銘記α7000シリーズ等を手掛けた技術陣を迎え入れ、大きく開発体制が変わったと思います。今や、SONYのデジタル一眼には「α」のカンムリが全て付き、ミノルタのカメラが復活したかのような感じになっています。
個人的な印象ですが、CanonやNikonのようにまずはプロに受け入れられる、堅牢でハイスペックなバリエーションを先行させる方向とは異なり、まずはアマチュアカメラマンが楽しく写真を撮れるバリエーション展開優先で2006年から開発されているように感じます。
ソニーのαの特徴の一つが、2010年から採用された「トランスルーセントミラー・テクノロジー」だと思います。これにより、フィルムカメラ・デジタルカメラ共通の撮影時にミラーを機械的に持ち上げる作業がなくなります。結果、連写性能が格段に上がります。この機能をまずは、初心者向け入門機であるα55に搭載したところに、ソニーの向いている方向がプロではない、アマチュアカメラマンであるということを感じます。
現在、販売されている機種は、α99、α77、α65、α58の4機種です。α37は小型・低価格でとても良い商品に見えましたが、発売開始(2012.5.17)から半年程度で生産中止となりました。今回は、予算オーバーですが、とりあえずα58を候補としたいと思います。

※α37がすぐに販売中止になったこと、α57からα58へ1年そこそこで機種変更になったことは、個人的な推定ですが、α57(2012.4.27発売開始)、α37(2012.6.8発売開始)の発売開始時期にあると思います。ニコンのD3200が2012.5.24に発売開始されたことが大きな原因であると思います。
α57もα37は有効画素数が約1600万画素に対し、D3200は約2400万画素。圧倒的な画素数の差。canon EOS Kiss X5の約1800万画素にも劣り、自社で撮像素子を製造しているソニーとしては悔しかったのではないかと。ちなみに、α58の画素数は約2010万画素です。

α58 SLT-A58Y ダブルズームレンズキット
nice!(0)  コメント(0) 

デジタル一眼レフカメラ Nikon(ニコン) デジタル一眼レフの研究 その2 [ラインナップ]

ニコンのデジタル一眼レフカメラには、canon EOS Kissに相当する入門機の登場が遅かったと思います。2009年に相次いで発売された、D5000、D3000がこれに相当すると思います。特に、D3000が初心者を意識した、機能をより多く搭載しているように思います。現在のそれぞれの後継機種D5200、D3200がありますが、D5200は予算は6万円を超えますので非対象とします。結果、対象はD3200のみとなります。

D3200 200mm ダブルズームキット
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

デジタル一眼レフカメラ Canon(キャノン) デジタル一眼レフの研究 その2 [ラインナップ]

フィルムカメラとして始まったEOSシリーズ。高級機が多く手が届かなかったのですが、入門機としてEOS Kissシリーズが出ましたた。デジタル一眼でも同様にEOS Kissシリーズが販売され、初代から改良を重ね Kiss X5、Kiss X6i, Kiss X7と発展してきましたが、Kiss X7のダブルズームセットは7万円で私の手が届かなくなりました。幸い、Kiss X5は生産を継続しており、ダブルズームセットは¥59,800-くらいで販売されています。予算は6万円までのギリギリ対象に。また、キャノンもKiss X7が初心者には遠い存在になりすぎたという認識をもったのか、Kiss X50というX5より安い機種の販売開始。よって、今後の検討対象は下記2機種としました。

EOS Kiss X5 ダブルズームキット

EOS Kiss X50 ダブルズームキット
タグ:EOS Kiss X5 Kiss X50
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
ラインナップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。