So-net無料ブログ作成

X5とD3200の操作性の比較2 [比較]

操作性の比較、前回(この2つ前のブログ)の続きです。

2. 人物のポートレートを逆光で撮影する想定で、PAEモードでストロボを強制発光させた上、自分のイメージ通りの写真が撮るために、どう操作するのが良いか把握し、撮影できるまでのプロセスを追う。

前回同様、電気店に行って、X5およびD3200をのべでそれぞれ10くらいは触りました。D3200に関して、前回のことで、infoボタンの使い方がわかりましたので、比較的容易にできました。

X5は、モードをPAEにして、付属のストロボを手動でポップアップすると、自動で強制発光になりました。ISOを800にして即撮影。逆光のポートレートで撮りたいモード選択は容易にできました。ファインダーの中にも、シャッター速度、絞り値、ISO感度が表示されわかりやすかったです。

D3200も、infoボタンで液晶に状態表示させ、ISO感度にカーソルで合わせ800に。ストロボ手動ポップアップで強制発光になることもメニューで確認できました。撮影もスムーズに行きました。少し気になる点はファインダーの中にも、シャッター速度、絞り値が表示されるのですが、、ISO感度表示部分が「-E-」になっています。おそらく、電気店の展示用でSDカードが入っていないことのエラー表示でしょうが、infoで液晶上で表示すれば良いことのような気がします。ファインダー内のISO感度もFnボタンを押し続けると、現在のISO表示に変わり、電子ダイヤルを回すとでISO感度が変更されます。しかし、Fnボタンを離すとやはり「-E-」表示。好みの問題でしょうが、ここにエラー表示は不要ではないかと思います。

あとは、X5、D3200共通の課題というか希望ですが、Sonyのα65にようにファインダー撮影とライブビュー撮影がアイセンサーで自動切替できるとうれしいかなと思います。とっさに切り替えたい時があると思います。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。